ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

形態情報 Rhizoctonia

>> ホーム >> 形態情報 Rhizoctonia

こうち農業ネット : 2012/10/19

高知県 病害虫・生理障害台帳


学術名称:
Rhizoctonia
 

形  態:
 不完全菌類に属する。
 分生子などいかなる胞子も形成せず、菌糸と菌核のみ形成する。菌糸は比較的太く、隔壁が有り、無色〜褐色である。菌糸は直角に枝分かれすることが多く、分岐部ではややくびれ、近くに隔壁を有する。また、菌糸からしばしばビール樽形〜楕円形、じゅず状の厚壁化細胞をつくる種がある。菌核は白色〜黒褐色で、形は一定しない。菌糸と分かれにくい点が、一定の球形の菌核を形成するSclerotium属とは異なる。
 本菌の完全世代は担子菌類に属し、担子胞子を形成するとされているが、その形成はごく希のようである。

 


image
菌糸;分枝部はややくびれ、直角に分枝する。


作物別被害状況へ








メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP