ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

きゅうり 苗立枯病(Rhizoctonia)

>> ホーム >> きゅうり 苗立枯病(Rhizoctonia)

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

罹病苗;株元がくびれる
作物名

きゅうり



一般名称

苗立枯病(Rhizoctonia)



学術名称

Rhizoctonia solani
Kuhn[
Thanatephorus cucumeris
(Frank)Donk]



症状
 育苗期に茎の地際部が腐敗して倒伏する。発病株の地際部には健全部との境界に明瞭な褐色の窪んだ病斑が現れるが、病斑は茎の表層だけにとどまり、深部まで及ぶことはない。



発生条件
 菌糸や菌核の形でで罹病残さと共に土中で越年し、翌年これから菌糸を生じて伝染する。発病株からの伝染も菌糸によって行われる。多湿条件、重粘な床土や酸性土壌では発病が多くなる。本菌は多犯性で、多くの作物を侵す。生育適温は24℃である。



対策
(1)土壌中に未熟な有機物があると病原菌が増殖しやすいので、有機資材を施用する場合は完熟したものを用いる。
(2)土壌の水分過多は発病を助長するので、育苗中の水管理に注意する。かん水には井戸水か上水道水を用いる。
(3)床土には、土壌くん蒸した土壌など、汚染のない土壌を用いる。
(4)播種床のような密植条件下で発病すると短期間で蔓延するので、早期発見に努める。





メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP