ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

ねぎ 苗立枯病

>> ホーム >> ねぎ 苗立枯病

こうち農業ネット : 2012/10/17

高知県 病害虫・生理障害台帳


作物名

ねぎ



一般名称

苗立枯病



学術名称

Rhizoctonia solani
 Kuhn



症状

 幼苗の時期に発病し、地際部がくびれる。地下部は暗褐色に変色し、ひどくなると倒伏枯死する。地下部の被害部表面に淡褐色の細い糸状の菌糸が認められることがある。被害部と健全部との境目は比較的はっきりしている。



発生条件

 耐久体の菌核や被害植物残渣中の菌糸で土壌中に残存し、作物が播種されると適当な温度と土壌水分で活動を始め、地際部を侵す。病勢が進展すると組織内に菌糸が蔓延し、やがて隣接株にも蔓延する。
 腐生的性質が強く、特に未分解有機物が多い土壌に多発する傾向がある。なお、本菌の生育適温は30℃付近である。



対策

(1)土壌中に未分解の有機物があると病原菌が増殖して多発しやすいので、稲わらなどは早めに施用して腐熟するのを待って播種する。
(2)発病が早く、短時間で隣接株に蔓延するので、早期発見に努め、除去する。





メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP