ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

いちご 黒色根腐病

>> ホーム >> いちご 黒色根腐病

こうち農業ネット : 2012/10/15

高知県 病害虫・生理障害台帳


作物名

いちご



一般名称

黒色根腐病



学術名称

Rhizoctonia fragariae
Husain et Mckeen



症状
 根の一部が赤褐色、水浸状となり、後に黒褐色となる。病勢が進むと地上部の生育が停止したり、萎凋したりする。



発生条件
 病原菌は根の皮層に感染するが、健全株の根からも本菌が高率に分離されることから、いちごの生理活性の低下や外部環境の悪化が発病を誘引すると考えられている。



対策
 適切な肥培管理を心がけ、いちごの生理活性の低下を防ぐ。





メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP