ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 形態情報 Fusarium

形態情報 Fusarium

こうち農業ネット : 2012/10/19

高知県 病害虫・生理障害台帳


学術名称:
Fusarium
 

形  態:
 不完全菌類に属する。
 三日月型で数個の横隔膜を持つ無色の分生子(大型分生子)を形成するのが本属の特徴であるまた、小型分生子は無色、楕円形、0〜1隔膜であるが、形成しない種もある。いずれの分生子も菌糸から直接分岐する分生子柄上に形成されるが、大型分生子は病斑の表面に大型分生子形成組織(スポロドキア;分生子褥)を形成し、この上に多量に粘塊状に形成されることがある。他に、長期生存のための耐久器官として、厚膜胞子と呼ばれる亜球形の胞子も形成する。種の分類は小型分生子の有無及び形成様式(例:短い分生子柄上に擬頭状に形成;
F. oxysporum、連鎖して形成;F. moniliforme)や大型分生子の形態などによって行われる。
 なお、F. oxysporumは植物の根から導管部に侵入し、萎凋病やつる割病を引き起こすが、植物体内では多くの場合、褐変した導管部内に菌糸と小型分生子の形成が認められる。また、本種の大型分生子は30〜50×3〜6μm程度、小型分生子は5〜10×2〜6μm程度である。

 


image

大型分生子(F. solani;ピーマン株枯病)


image

小型分生子(F. solani;ピーマン株枯病)


作物別被害状況へ