ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >>  昆虫担当

 昆虫担当

 昆虫担当では、農作物の安定生産および品質向上のために、各種害虫の生態解明と防除に関する研究を行っています。近年では、薬剤散布の省力化や薬剤に抵抗性をもった害虫への対策として、天敵や防虫ネットなどを活用した総合的な防除体系の確立を目指しています。


ヒメカメノコ(トップ画)

                                                                                    
                                                        
<業務内容>

1.各種害虫の発生生態の調査
2.生物的防除法(天敵昆虫・微生物など)、化学的
  防除法および物理的防除法を組み合わせた総合的
  害虫管理技術の確立
3.省農薬・省力防除技術の推進
4.害虫に関する発生予察



平成29年度試験研究課題

(1)オオバに発生した新ウイルス病およびシソサビダニの防除技術開発(H26〜H29)
オオバにモザイク症を引き起こすウイルスおよび、そのウイルスを媒介するシソサビダニの寄主範囲や伝染法などの生態を解明するとともに、薬剤防除や物理的、生物的防除について検討し、総合的な防除技術を開発する。

(2)施設栽培シシトウにおけるモトジロアザミウマおよびクリバネアザミウマの生態解明と防除法の開発(H26〜H29)
施設栽培シシトウにおける両アザミウマおよびチビトビカスミカメ類の発生生態の解明や有効薬剤の探索に取り組むとともに、物理的あるいは生物的防除法を活用した防除技術を開発する。

(3)施設ニラのネダニ類に対する防除技術の確立(H28〜H30)
施設ニラのネダニ類に対して効果の高い化学的、物理的、生物的防除法を明らかにし、これらを組み合わせた総合的な防除体系を確立する。

(4)周年栽培花き類における害虫類の発生実態の解明と生物的防除法および物理的防除法の検討(H29〜H31)
周年栽培花き類のグロリオサと宿根アスターを対象に、主要な害虫類の発生実態、生物的防除法および物理的防除法による密度抑制効果および作物への影響を明らかにする。

(5)病害虫に対する新農薬の効果検定試験(S60〜)
本県の主要病害虫に対する新農薬の防除効果および作物に対する影響等を検討するとともに、防除対策を確立するための資料を得る。




高知家