ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> いちご 根腐病

いちご 根腐病

こうち農業ネット : 2012/10/15

高知県 病害虫・生理障害台帳


作物名

いちご



一般名称

根腐病



学術名称

Phytophthora fragariae
Hickman



症状
 定植後の生育が不良で、定植時よりも萎縮したように見える。やがて、生育を停止し、葉縁から赤紫色に変色し始め、株全体が茶褐色になって枯死する。根は先端の1cmぐらいが褐変しているにすぎないが、根を縦に切ってみると中心柱は全体に赤変している。



発生条件
 卵胞子の状態で土壌中で越夏し、気温の低下とともに発芽して遊走子を出して、いちごの根に感染する。



対策
(1)ほ場が多湿にならないように注意する。
(2)育苗は本病に汚染されていないほ場で行う。