ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

きゅうり ハモグリバエ類

>> ホーム >> きゅうり ハモグリバエ類

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

トマトハモグリバエ被害葉と葉上の蛹



image

マメハモグリバエ被害葉


  ともにエカキ状の食害痕を残す
作物名

きゅうり



一般名称

ハモグリバエ類



学術名称

Liriomyza sativae
 Blanchard、
Liriomyza trifolii
(Burgess)、
Liriomyza bryoniae
(Kaltenbach)



症状
 きゅうりではトマトハモグリバエの発生が多いが、マメハモグリバエやナスハモグリバエなどの発生もみられる。
 いずれも幼虫(ウジ)が葉に潜って食害するため、くねくねとした線状の食害痕が葉面に現れる。そのため「絵かき虫」と呼ばれることもある。発生量が少なければ実質的な被害はないが、多発すると植物体が衰弱し、減収を招く。果実には寄生しない。産卵は充実した葉に行われ、展開間もない未熟葉には行われない。したがって、被害葉は下葉から上葉へと進展する。
 雌成虫は発達した産卵管で葉面に穴をあけ、汁液の摂取や産卵を行う。こうした摂食・産卵痕は葉面に白っぽい1mmほどの小斑点となって残るが、実害はないと思われる。



発生条件
 いずれの種とも寄主範囲は広く、マメ科、ナス科、ウリ科、セリ科、アブラナ科、アオイ科、キク科(ナスハモグリバエを除く)など、多岐にわたる。ただし、ウリ科作物では、トマトハモグリバエの被害が最も大きい。
 1世代の所要日数は、トマトハモグリバエが20℃で約27日、30℃で約14日、マメハモグリバエが20℃で約25日、30℃で約13日、ナスハモグリバエが20℃で約21日、30℃で約16日である。施設栽培における年間の発生回数は、いずれの種とも10回以上と推定される。
 幼虫は葉肉内を食害しながら潜行し、3齢を経過すると葉の外に出て地表に落下して地表面や浅い地中で蛹になる。なお、トマトハモグリバエは葉上で蛹になる場合もある。
 成虫は黄色に誘引される習性がある。



対策
(1)苗からの持ち込みを防ぐ。
(2)黄色粘着トラップを設置し、成虫の早期発見に努める。
(3)施設栽培では開口部に防虫ネット(目合い1mm程度)を張り、成虫の侵入を防ぐ。また、紫外線カットフィルムも成虫の侵入を防ぐ効果がある。
(4)雑草にも寄生することから、ほ場内外の除草を行う。
(5)既発生の施設栽培ほ場では、栽培終了後あるいは改植時に土壌消毒や蒸し込みを行う。
(6)寄生を受けた植物残さは土中深く埋めるなど、適切に処分する。





メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP