ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> きゅうり ハダニ類(カンザワハダニ、ナミハダニ)

きゅうり ハダニ類(カンザワハダニ、ナミハダニ)

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

カンザワハダニ雌成虫
作物名

きゅうり



一般名称

ハダニ類(カンザワハダニ、ナミハダニ)



学術名称

Tetranychus kanzawai
Kishida、

Tetranychus urticae
Koch



症状

 葉の裏側に寄生し、汁液を吸収する。低密度時は葉表に小さな白斑を生じる程度であるが、密度が高くなると葉は黄化し、最後には枯死、落葉する。
 普通、下葉から発生が多くなり、しだいに上の新葉へ移っていく。



発生条件

 カンザワハダニは野外では冬期に休眠するが、ナミハダニは暖地ではほとんど休眠しない。また、両種とも施設内では無加温でも休眠せず、冬期にも繁殖する。両種とも1世代に要する期間が短く、特に、高温、乾燥条件では増殖が激しく、短期間で高密度になる。
 種によって生態は若干異なるが、ナミハダニでは発育零点は約9℃で、25℃では約10日で1世代をくり返す。1雌当たりの産卵数は100〜150卵である。



対策

(1)ハダニ類の主な発生源はほ場内あるいはほ場周辺の雑草であるので、これらの雑草を除去し、環境整備を図る。
(2)苗による持ち込みを防止する。
(3)管理温度が高いほど増殖が旺盛となるので、適正な温度管理に努める。
(4)栽培終了時には他の病害虫の防除も兼ねて、蒸し込み処理を行う。
(5)高密度になると、防除が困難になるので発生初期の防除に努める。
(6)同一薬剤、同一系統の薬剤を連用すると抵抗性を獲得するので、薬剤はローテーション使用する。