ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

オクラ マンガン過剰症

>> ホーム >> オクラ マンガン過剰症

こうち農業ネット : 2012/10/17

高知県 病害虫・生理障害台帳



image


作物名

オクラ



一般名称

マンガン過剰症



学術名称

マンガン過剰症



症状

 新葉〜上位葉がクロロシスを呈し、黒褐色の斑点と一部クロロシスを呈する。また、新葉は奇形化し葉の裏面の毛じが黒色化する。



発生条件

 排水が悪く、過湿になると、土壌が還元状態となるので、マンガンが多く溶出してくる。このため、マンガンが過剰に吸収されて、障害の発生を招く。
 また、酸性土壌でもマンガンが有効化され、過剰症を呈する。



対策

 高畝や明きょ、暗きょ等により、ほ場の排水を良くする。また、作物を栽培中の場合には、灌水量を控えて土壌を乾燥ぎみに管理し、マンガンの不溶化に努める。
 酸性土壌の場合には、石灰質肥料等のアルカリ資材を施用し、pHの矯正を行う。








メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP