ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> トマト 褐色輪紋病

トマト 褐色輪紋病

こうち農業ネット : 2012/10/18

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

罹病株;病勢が進展し、下葉から枯れ上がる



image

葉の初期病徴;黄色のハローを伴う褐色小斑点を形成



image

葉の進展病斑;褐色の輪紋状病斑、裏面には黒色のかびが生える



image

がくの病徴;褐色の斑点状病斑を生じる
作物名

トマト



一般名称

褐色輪紋病



学術名称

Corynespora cassiicola
 (Berkeley et Curtis) Wei



症状

 主に葉に発生し、はじめ黄色のハローを伴う褐色小斑点を形成し、次第に拡大して径10仭宛紊粒貎輪紋状の病斑になり、周辺部に黄色のハローを伴う。その裏面には黒っぽいかびが生える。病徴が進展し、激しい場合は下葉から枯れ上がる。茎、果柄、葉柄、がくでは褐色の斑点〜小型条斑状の病斑を生じる。果実では、はじめ黒い小さい斑点ができ、しだいにやや凹んだ径5仭宛紊旅色円形で中心部が茶褐色〜白色の病斑を生じる。



発生条件

 病原菌は被害残渣や農業用資材に付着して残り、第一次伝染源となるほか、種子伝染もする。第二次伝染は、病斑上に形成された分生子の飛散によって起こる。
 本病原菌の生育適温は28〜30℃であり、高温多湿条件での発生が多い。草勢が低下すると病勢の進展が助長される。



対策

(1)病勢が進展し始めると防除が困難となるので、初発期から定期的な薬剤散布を行う。
(2)施設栽培では、高温多湿にならないように十分換気をするとともに、温度管理に注意する。
(3)病斑上に形成される分生子により第二次伝染が起こるので、病葉は早めに除去し、ほ場外で適切に処分する。
(4)窒素過多や肥料切れにより発病が助長されるので、適切な施肥を心がける。