ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> グリーンフォーカス 令和元年5月号

グリーンフォーカス 令和元年5月号

高知県立農業担い手育成センター : 2019/05/01

就農活動の拠点「高知県立農業担い手育成センター」

高知県立農業担い手育成センターは、(1)新規就農者の確保・育成 (2)先進技術を習得した農業者の育成 (3)先進技術指導者の育成 を目的に、農業大学校研修課と環境保全型畑作振興センターを統合し、平成26年4月に開設され、本年度で5年が経過しました。

設置目的の1つである(1)新規就農者の確保・育成については、高知県で就農を希望する方を対象に、農業の基礎知識から先進技術までの実践的な農業技術研修として、就農希望者長期研修を実施しています。

 この就農希望者長期研修では、高知県での就農を目指して県内外の就農希望者が平成30年度までの5年間で129名が研修(研修中含む)され、研修後の就農希望産地での農家研修を経て、施設野菜を中心に県内各産地で新規就農されています。


研修生DATA

就農希望者長期研修とは?(農業担い手育成センターの強み)


長期研修とは?

高知県への移住や就農に興味がある方は?

 「地方暮らしをしたいけれど、農業で生計を立てられるでしょうか」という相談をお受けすることがあります。他にも「何もかもがわからなさすぎて、どうしたらよいのかもわからない」、「どうやって移住先や就農品目を決めたらよいのかわからない」という声をよくお聞きします。農業の基礎的な知識がないままに就農すると、経済的に苦しくなるだけでなく、農業をスタートさせた後も厳しい状況が続いてしまいます。特に、移住就農を成功させるためには十分な情報収集と準備が必要です。

  • step(1) 情報収集から始めよう!

   自分が描いたイメージと現実とのギャップを埋めていくために、情報収集から始めましょう。

   ■高知県での移住関係情報は、「高知家で暮らす」 https://kochi-iju.jp/

   ■高知県での新規就農情報は「農に就く.net」 http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/shunou-sien/


  • step(2) 相談に出かけよう!

 「どこで? 何を作りたいか?」その一方が決まればもう片方も自ずと見えてきます。一般的な転職と違って、就農地域の選択を間違うと、そこから転居しなければならなくなる事態も起こります。そのため、検討している地域や作物のイメージができたら、電話での相談や各地で開催されている移住や就農相談会へ参加してみましょう。 


  • step(3) 農業の基礎を学ぼう!就農体験談を聞いてみよう!

 農業担い手育成センターでは、「都会で学ぶ入門講座」として、農業の基礎から農家による就農体験談、就農に向けた準備や支援策まで、ネット情報で得られない「生の情報」が学べる「こうちアグリスクール」を東京・大阪会場で開催しています。


step(3)


  • step(4) 農業の現場を体験しよう!

 「百聞は一見にしかず!」 農業の現場に出向き、実際の農業を体験し、農家の体験談を聞くことができる「体験型短期研修」として、金曜日から日曜日までの2泊3日の「こうちアグリ体験合宿」を開催しています。


step(4)

  • step(5) 高知県への移住や就農を目指して本格的な研修をしよう!

 農業担い手育成センターの就農希望者長期研修に入校し、6〜24ヶ月の基礎研修を行うことで、本格的な就農へ踏み出すことができます。また、親元就農した後継者を対象とした3ヶ月以上の親元就農コースもありますので、実家の農業を継承予定の後継者の方の研修も受け入れています。


参加者や研修生の声

■ 都会で学ぶ入門講座「こうちアグリスクール」

良いことも悪いことも体験者の生の声が聞ける(大阪府在住 40歳代 女性)

 実際に就農されている方の体験談から来る話はわかりやすく、決して良いことばかりではないことも含めて、生の声を聞くことができました。形式ばったセミナーでなく、具体性があって、参考になりました。

 

何をしなければならないか、知ることができました(東京都在住 30歳代 男性)

 就農者の声を直接伺うことができ、自分が農家としてやっていくために、何をしなければならないかを知ることができました

 

■ 体験型短期研修「こうちアグリ体験合宿」

自分の課題を発見できた (愛知県在住 30歳代 男性)

 資金や労働力の確保、地域での人間関係など就農にあたっての具体的なポイントがわかりました。また、農業の楽しさも感じることができましたが、自己資金が足りないなどの課題も明らかになりました。

 

農業や生活のリアルな話を聞けた (高知県在住 30歳代 男性)

 農家のハウスを見て、農業や生活のリアルな話を聞くことができた。特に農業を経営する覚悟というものを感じ、改めて自分の甘さを知ることができて良かった。

 

■ 就農に向けた基礎研修「就農希望者長期研修」

移住就農コース

  時間と労力を惜しまず、わかるまで教えてもらい,とても良い雰囲気で日々の実習ができました。自主性を重んじ、基礎的なことから学びながら、新しいことにもチャレンジできるなど、試行錯誤できる研修環境が良かったです。産地の関係者とも連携が取れており、個別面談や農家研修への対応が迅速・丁寧でした。きちんとサポートしてもらったおかげで、就農への目処がつきました。高知県への移住を目指す仲間もできました。

 

親元就農コース

 農業や植物の基本など、親から教えてもらえないことが多くありました。家では作業の指示のみでしたが、作業の目的や意味が 理解でき、農業が面白くなりました。ローテーションで他の作物を実習することで、どんな作物も水・光・温度などの環境が整わないと順調に育たないという基本を学習できました。また、農業全般の基礎が学べ、はっきりしていなかったことも確認できました。環境制御技術の勉強ができて良かったです。


高知県への移住や就農に興味がある方へ!

 農業担い手育成センターは高知県での就農活動の拠点として、各種研修会の開催や就農に向けた就農希望者長期研修などにより、「地域で暮らし稼げる農業」を目指して、生産を支える担い手の確保・育成に取り組んでいます。

 高知県への移住や就農に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 高知県立農業担い手育成センター 就農支援担当

  〒786-0042 高知県高岡郡四万十町黒石665

   TEL:0880-24-0007  FAX:0880-24-1272

    e-mail:aftc2014@ken.pref.kochi.lg.jp