ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

きく 鉄欠乏症

>> ホーム >> きく 鉄欠乏症

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image


作物名

きく



一般名称

鉄欠乏症



学術名称

鉄欠乏症



症状
 生長点に近い上位葉の葉色が全体的に淡くなり、次第に黄白色を呈する。症状が進むと、新葉から枯死することもある。



発生条件
 土壌のpHが高いと土壌中の鉄は溶けにくくなり、作物に吸収されにくくなる。土壌pHが低い場合でも、マンガン含量が多いとマンガンの過剰吸収によって鉄の吸収が抑制され、鉄欠乏症を生じる。



対策
 症状が軽微な場合は、鉄を含む市販の葉面散布剤キレート鉄等の葉面散布で回復するが、根本的には適正な域まで土壌pHを下げなければならない。一般的に、好適な土壌pHは、6.0〜6.5とされている。








メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP