ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> きゅうり ワタアブラムシ

きゅうり ワタアブラムシ

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

ワタアブラムシ成虫と幼虫



image

寄生により衰弱した株



image

生長点への寄生状況



image

幼果への寄生状況
作物名

きゅうり



一般名称

ワタアブラムシ



学術名称

Aphis gossypii
(Glover)



症状
 本種は主に葉の裏に群生して寄生し、吸汁する。このため、高密度になると葉の萎縮、生育阻害を起こし、ひどい場合は落葉、枯死を招く。また、排泄物にすす病が発生し、炭酸同化・呼吸作用の低下や汚れによる品質低下をもたらす。さらに、CMVやWMVなどを伝搬し、モザイク病を発生させる。



発生条件
 本種は通常産卵せず、胎生の単為生殖で増殖する。無翅の個体が多いが、高密度になると有翅の個体が現れ、他の場所に移動する。寒い地方では冬になるとムクゲなどの芽に卵を産み、卵態で冬を越すが、暖地では冬期も単為生殖を続ける。
 本種は寄主範囲が極めて広く、なす科、うり科などの多くの作物に寄生する。しかし、寄生性などからいくつかのバイオタイプに分けられ、なす科作物に寄生するものとうり科作物に寄生するものとではバイオタイプが異なるとされる。増殖が早く、25℃で1週間程度で成虫となり、1頭当たり100頭近く産仔する。



対策
(1)苗からの持ち込みを防ぐ。
(2)有翅虫の飛来を防ぐため、露地では風上方向に防風垣か防風ネットを設置する。施設ではサイド、天窓などの開口部に網掛け(1mm目)を行う。
(3)シルバーポリフィルムによるマルチングを行う。
(4)薬剤抵抗性発達を避けるため、同一系統の薬剤の連用を避ける。