ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

きゅうり 脈エソ症

>> ホーム >> きゅうり 脈エソ症

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image



image



image



image


作物名

きゅうり



一般名称

脈エソ症



学術名称




症状
 中〜下位葉の葉脈に沿って油浸状または黄色〜褐色の斑点を生じ、次第に広がってエソ症状を呈することからこの名称がつけられている。葉脈間に不規則な斑点を併発する場合もある。マンガン過剰症と類似しているが、本障害では葉柄や葉裏の毛耳が褐変することはない。



発生条件
 本障害の発生メカニズムは未解明の部分が多く、原因も明らかでない。しかし、発生ほ場の土壌ECは、健全ほ場のそれよりも高いことが多いことから、窒素の過剰施用が障害の発生に大きく関与していると思われる。また、本障害の発生には品種間差も認められ、夏系品種での発生が多い。他県ではりん酸過剰下でのマグネシウム(苦土)無施用や加里施用量との関係も議論されている。



対策
 土壌診断に基づく適正施肥に努め、過剰な施肥を避ける。


メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP