ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

みょうが マンガン過剰症

>> ホーム >> みょうが マンガン過剰症

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image


作物名

みょうが



一般名称

マンガン過剰症



学術名称

マンガン過剰症



症状
 マンガンは植物体内での移行性が低い要素であるため、主に下位葉から中位葉にかけて発生する。発病した葉は健全葉に比べて全体に淡緑色となり、葉先や葉縁から褐変し始め、次第に葉全体に広がる。



発生条件
 障害葉の発生は、土壌pHの低下とともに多くなる。障害発生ほ場の土壌pHは概ね5.5以下であるが、発生の激しいほ場では5.0を下回る場合も少なくない。また、過湿や過乾は障害の発生を助長する。



対策
 石灰質資材を施用して、土壌のpHを6.0〜6.5に矯正する。施設栽培では、多肥による硝酸の集積によって土壌pHが低下している場合があり、この場合には石灰質資材の施用量をやや少なくする。
 応急的には、炭酸石灰を懸濁液にして土壌灌注する。その他、暗渠、明渠などによる排水対策をきちんと行うとともに、過湿、過乾とならないよう、適度な灌水に心がける。








メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP