ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

オクラ マグネシウム欠乏症

>> ホーム >> オクラ マグネシウム欠乏症

こうち農業ネット : 2012/10/17

高知県 病害虫・生理障害台帳



image


作物名

オクラ



一般名称

マグネシウム欠乏症



学術名称

マグネシウム欠乏症



症状

 下位葉が葉脈沿いに黄変する。症状が進むと、次第に上位葉に移行する。



発生条件

 土壌中のマグネシウム(苦土)の不足によって発生しやすい。また、土壌中のマグネシウム含量が十分でも、カリ(加里)またはカルシウム(石灰)が過剰に集積している土壌では、マグネシウムの吸収が拮抗的に抑制され、欠乏症が発生する。



対策

 土壌中のマグネシウム含量が不足している場合には、苦土石灰や水酸化苦土等の苦土質肥料を土壌条件に応じて施用する。
 また、土壌中にマグネシウムが十分に存在しているにもかかわらず、他の塩基類とのバランスが崩れている場合には、施肥改善等によって塩基バランスの適正化を図る。なお、塩基バランス(me比)の適正値は、カルシウム(石灰)/マグネシウム(苦土)比2.6〜3.8、マグネシウム(苦土)/カリ(加里)比2.0〜12.5である。
 応急的には、硫酸マグネシウムの1%溶液を数回葉面散布する。








メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP