ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

ピーマン・ししとう 葉脈間黄化症

>> ホーム >> ピーマン・ししとう 葉脈間黄化症

こうち農業ネット : 2012/10/18

高知県 病害虫・生理障害台帳



image


作物名

ピーマン・ししとう



一般名称

葉脈間黄化症



学術名称

カリウム欠乏症



症状

 中〜下位葉の葉脈間が黄変し、作物の生育とともに上位葉に拡がる。マグネシウム欠乏症と異なり、障害部が盛り上がることはない。甚だしい場合には落葉する。



発生条件

 ハウス栽培では、土壌中の交換性カリ含量が少なくて障害が発生することはほとんどなく、多くはカルシウム(石灰)やマグネシウム(苦土)の多量集積により、カリウムの吸収移行が阻害されたために発生する。



対策

 発生回避のためには、湛水除塩を行い過剰なカルシウムやマグネシウムを除去した後、カリ(加里)を増施して、塩基バランスの改善に努めることが必要である。また、障害の発生が認められた場合には、応急的にリン酸1カリウムの0.3%液などを数回葉面散布する。


メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP