ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> ピーマン・ししとう 青枯病

ピーマン・ししとう 青枯病

こうち農業ネット : 2012/10/17

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

発病株;萎れから次第に枯死へ移行する



image

萎凋株の株元を切断し、水に浸けると白い菌泥が流れ出る
作物名

ピーマン・ししとう



一般名称

青枯病



学術名称

Ralstonia solanacearum



症状

 はじめ、一部の葉が水分を失って青いまましおれる。2〜3日間は日中はしおれ、夜間や曇雨天の日には回復するが、ついには株全体がしおれ、枯死する。高温時には病勢の進展が早いが、低温時には病勢の進展は緩慢である。
 発病株の茎の地際部を切断すると維管束が褐変しており、この茎を水を入れた容器などに差し込むと、白色の細菌液が糸を引くように流出する。



発生条件

 病原細菌は土壌中で生存し、適当な条件下では数年間生存できる。水によって運ばれ、定植時や管理作業の際の根の傷、線虫などによる食害、側根が発生するときの亀裂など、さまざまな根の傷口から侵入する。また、地上部からも、管理作業時にはさみなどを介して伝染する。侵入した細菌は維管束内で増殖し、株をしおれさせるとともに、第二次伝染源となる。
 病原細菌は、各種なす科作物(なす、トマト、タバコ等)、しそ、いちご、トルコギキョウ、しょうが、クルクマ等多くの作物に感染し、同様の病徴を示す。ただし、病原菌の系統によって、感染しやすい作物が異なる。
 本病は、高温、排水不良、過度のかん水、肥料過多、早期移植により、発病が助長される。



対策
(1)太陽熱利用による土壌消毒や土壌くん蒸剤などによる土壌消毒を実施して、第一次伝染源となる病原細菌を減少させる。
(2)発病株は、早めに除去して、ほ場外で焼却処分する。ただし、除去の際に、隣の株の根を傷めないように注意する。
(3)適切な施肥を行い、窒素過多を避ける。
(4)管理、収穫作業時の、はさみによる発病株から健全株への伝染を防ぐために、その都度、次亜塩素ソーダなどにより、はさみの消毒を行う。この際、特に低温期には発病の進展が遅いため、発病株を見落としてしまうことがあるので注意が必要である。
(5)暗渠などを設けて、ほ場の排水をよくする。
(6)定植時が高温期にならないように、極端な早植えは避ける。