ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインメニューへ

トマト マグネシウム欠乏症

>> ホーム >> トマト マグネシウム欠乏症

こうち農業ネット : 2012/10/18

高知県 病害虫・生理障害台帳



image


作物名

トマト



一般名称

マグネシウム欠乏症



学術名称




症状

 マグネシウムは作物体内での移行が比較的速やかなため、欠乏症は中〜下位葉、特に果実近くの葉に多く発生する。症状が軽い場合には、葉脈間がやや黄変する。症状が進むと葉脈部と葉縁部を残して葉脈間が黄化する。さらに激しくなると、障害部は壊死して葉全体が枯れ込むようになる。



発生条件

 マグネシウムの不足のみで障害が起こることは少なく、多肥、特にカルシウムやカリの過剰で発生することが多い。多灌水で気温や湿度が高く、日照が不足する場合にも発生が多くなる。



対策

 マグネシウムを含む資材を施用する。土壌pHが低い場合には、土壌pHの矯正を兼ねて苦土石灰を、土壌pHが高い場合には、硫酸マグネシウムを施用する。応急的には硫酸マグネシウムの1〜2%液を葉面散布する。


メルマガ・LINE登録

keyboard_arrow_down

メルマガ・LINE登録

ここに誘導する文章などが表示されます。
文章などが表示されます。文章が表示されます。
QR CODE

PAGE TOP