ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 【開催近づく!(その2)】リアルな就農体験談を聴いてみませんか?

【開催近づく!(その2)】リアルな就農体験談を聴いてみませんか?

高知県立農業担い手育成センター : 2018/10/10

就農体験談を聴いてみませんか?

 こうちアグリスクールは、農業・就農を考える第一歩!高知県の農業のこと、就農のことなど、様々な講義を準備しています。

 こうちアグリスクール大阪会場土曜昼間コースの開催が近づいています!お申込みはお済みですか?

 
 

 その中でも、毎回とても好評な農家ゲストによる就農体験談を準備しています。大阪会場土曜昼間コースでは、織田茜さん(トマト 佐川町)と山崎雅央さん(キュウリ 高知市)のお二人のリアルな体験談を聞くことができます。

 

 織田茜さんは、東京でお仕事されていた時に出会った康嗣さんとご結婚。康嗣さんの抱く就農への夢をかなえるため、康嗣さんの故郷高知県で暮らすことになりました。まず基礎から農業を学ぶため、高知県立農業担い手育成センターでご夫婦で研修を受けた後、2017年夏にご夫婦で高糖度トマト農家として就農されました。表参道のOLとして働いていた茜さんが、高知県に移住してトマト農家としてスタートするまでの不安や、農業に対する夢など、率直な思いを聞かせていただけると思います。


織田茜さんご夫婦


 山崎さんは妻と子ども2人がいる子育て世代で、以前は名古屋市でサラリーマンをしていました。しかし家族といられる時間が少ないことや、環境の良いところで新しいことにチャレンジしたくなり、高知県で開催された移住ツアーに参加したことをきっかけに、2016年8月、ご夫婦揃って高知市でキュウリ農家となりました。

 就農後は、高知県が取り組んでいる「農業の見える化」を取り入れた栽培方法に取り組み、就農1年目から地域平均以上の収量を達成しました。さらに所得向上を目指して、就農3年目のこの夏に規模拡大にも取り組んでいます。

 「仕事としての農業の魅力は?」、「高知で農業って、実際大丈夫?」そんな疑問ありませんか?農業経営の面白さ、大変さを移住の話も含めてお話してくださる予定です。

 


山崎雅央さん

 このお二人のお話を聴いてみませんか?

お申込み方法

 お申し込みは、下記アドレスに申込みフォームがありますので、必要事項を入力の上、送信してください。

 開催日が近づいております。お早めのお申込みをお待ちしています。

http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/shunou-sien/lp/




高知家