ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 土佐酒プラットフォーム現地検討会

土佐酒プラットフォーム現地検討会

須崎農業振興センター 高南農業改良普及所 : 2018/08/23
開催日 : 2018/08/21


台風が迫り来る中、8月21日に、生産者や農技センター職員など25名が出席し、四万十町などで「土佐酒プラットフォーム現地検討会」が開催されました。

四万十町では、県内育成品種の酒造好適米“吟の夢”を中心に、“風鳴子”や“山田錦”が栽培されています。

育苗期から現在の出穂期まで、生育は順調に進んでいます!!

また、中土佐町から視察に来られた生産者の方々と、酒米に関する意見交換が行われ、充実した現地検討会となりました。

台風の被害が心配ですが、このまま順調に収穫が行われるのを待つばかりです。



(1)

「四万十町の酒米ほ場視察の様子」



(2)

「土佐市の酒米は穂が出始めています。」



(3)

「曇天の下、すくすく成長する稲はたくましく見えました。」





高南農業改良普及所  斉田・原田




高知家