ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 早期水稲の浸種時の水温に注意しましょう!!

早期水稲の浸種時の水温に注意しましょう!!

こうち農業ネット : 2018/02/08

早期水稲では、間もなく育苗が開始される時期となりますが、依然として寒い日が続いています。
水稲種子を10℃以下の低温で長時間浸種すると、2次休眠を生じ、発芽不良や発芽揃いが悪くなることがありますので、浸種は「水温15℃程度で10日間程度」(積算温度で100℃以上)を目安に実施してください。
寒い日の夜間は水温も大きく低下しますので、特に注意してください。