ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 【研修生募集中!】平成29年度就農希望者長期研修

【研修生募集中!】平成29年度就農希望者長期研修

高知県立農業担い手育成センター : 2017/05/02

就農希望者長期研修とは

 『就農希望者長期研修』とは、高知県内で就農するために、農業の基礎から先進技術まで学べる実践的な農業技術研修です。

就農希望者長期研修の特徴 1-2-3


ナス誘引 ピーマン トマト収穫

特徴その1 実践的な実習

 高知県内の主要品目を中心に施設野菜(ナス、キュウリ、ピーマン、シシトウ、トマト、ニラなど)、露地野菜(オクラ、青ネギ、ブロッコリーなど)、水稲などを栽培しながら研修生の希望や研修の進捗状況に応じて学びます。またトラクターや管理機、防除機械の操作も習得できます。
 施設栽培では天敵昆虫(スワルスキーカブリダニやコレマンアブラバチ、タバコカスミカメ(土着天敵)など)や交配昆虫(クロマルハナバチ)を導入し、農薬だけに頼らない農業を実践しています。研修を通じて高知県の誇る環境保全型農業を学び、同時に農家としての観察力と判断力を養います。
 さらに研修ハウスでは炭酸ガス施用装置や日射比例自動灌水装置、環境モニタリングシステムなどの国内でも最先端の先進技術を導入しています。高知県の目指す高収量栽培を実現するため、研修ハウスでは経験や勘だけに頼らないデータ農業を実践しています。

特徴その2 座学

 実習だけではなく、座学形式の講義も用意しています。地域の担い手や農業経営者としての必要となる幅広い知識を学びます。

  • 農地や就農支援に関する制度
  • 農作業安全
  • 農業機械の操作
  • 土壌肥料の基礎
  • 農薬の安全使用講習
  • 病害虫防除の基礎
  • 野菜栽培の基礎
  • 農業経営
  • ロープワーク  ・・・など

特徴その3 就農支援

 研修中から修了後の就農に向け、地域や関係機関との連携や調整を行い、スムーズな就農を支援するともに地域への定着や早期の経営安定を後押ししています。

 県内各地への産地視察や農家研修を行っています。高知県の多様な園芸品目や作型を知ることで農家としての知見や人脈を広げるお手伝いをしています。

研修対象者

 18歳以上で高知県内への就農を志している方。

費用

 1日あたり510円(研修日数に応じて翌月に現金にて徴収します)

研修期間

 6〜24カ月間
 (※産地からの提案書にのっとった親元就農の場合は、3カ月以上)

定員

 年間40名
 ※定員が設定されていますので、お早目のご相談をお勧めしております。

入校時期

偶数月(4月、6月、8月、10月、12月、2月)の1日(ついたち)を原則。年6回。
 ※産地からの提案書にのっとった親元就農応援区分は2月を除く。

研修時間

 原則として、平日の8時30分から17時までですが、季節や品目、作業内容、天候、研修の進捗状況などによって変更することがあります。

カリキュラム

  • 就農の心構え
  • 農地や就農支援に関する制度
  • 農作業安全
  • 農業機械の操作
  • 土壌肥料の基礎
  • 農薬の安全使用講習
  • 病害虫防除の基礎
  • 野菜栽培の基礎
  • 農業経営
  • ロープワーク  ・・・など37講座

自主学習

 研修生は当センター研修室の専門書や蔵書、映像資料を自由に閲覧することができます。

休暇

 事前に申請することで休暇を申請することができます(指定様式)。休暇中の研修料金は発生しません。

宿泊や食事について

 農業担い手育成センター敷地内には、宿泊施設(寮、個室)と食堂があります。就農希望者長期研修の研修生は寮と食堂を利用することができます。
 食堂は平日の利用が可能で、寮では自炊も可能です。集団生活も研修の一環と考えておりますので、原則として長期研修は泊まり込みで受けて頂いております。一方、ご家庭の都合などでご自宅から通いながら研修を受けることも可能です。その場合であっても寮に個室をご用意しますので、農作業後の着替えや休憩にご利用いただき、寮の運営にも参加していただきます。

受付期間

 見学相談随時受け付けております。
 まずはお電話でご相談ください。

〒786−0042
高知県高岡郡四万十町黒石665
高知県立農業担い手育成センター

就農支援担当

TEL:0880−24−0007
FAX:0880−24−1272

e-mail:aftc2014@ken.pref.kochi.lg.jp

手続き


手続きの流れ
  • 原則として、必要書類は個別就農相談時に入校の意志が固まり、入校スケジュールの目安がついた方にお渡しします。提出する書類は「長期研修申込書」「誓約書」「履歴書(写真付き)」です。
  • 面接は原則として本人を対象に行いますが、配偶者がいる方は配偶者の同席、未成年の場合は保護者の同席が望ましいです。

その他

  • ペットの同伴はお断りしています。
  • アレルギー食への対応はできませんのでご了承ください。

研修に入る際の注意事項

  • 長期研修は実際の作物を管理しながらの実践研修です。土日は研修対象外で研修料金も発生しませんが、ハウスの管理や必要に応じた収穫・管理作業を長期研修生に自主研修としてお願いしています。長期研修は就農に向けた実践研修なので、このような作業管理への参加状況も就農意欲や研修の進捗度の目安として判断することがありますのでご了承ください。
  • 就農希望品目が決まっている場合でも、長期研修中は他の品目も担当していただきます。特に研修初期は他の品目を知ることで希望品目の特性や課題を知ることにもつながります。希望品目のみに対応した個別の研修メニューではありませんのでご了承ください。
  • 長期研修は研修終了後の就農を約束するものではありません。研修期間中に長期研修生の希望に添えるよう支援しますが、原則として研修や就農活動は研修生が自ら主体的に行うものです。本人の適性や受入側の条件などによりご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。



高知家