ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 平成30年度 農業技術センター試験研究課題

平成30年度 農業技術センター試験研究課題

高知県農業技術センター : 2018/04/01

 

ピーマン・シシトウ
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
耐低温性ピーマン品種の育成 平成28〜32年度 園芸育種  
非辛味シシトウ品種の育成 平成28〜32年度 園芸育種  
高軒高ハウスでの促成栽培に適した
ナスおよびピーマン有望系統の育成
平成26〜30年度 園芸育種  
養液栽培における促成ピーマンの
光環境改善による増収技術の確立
平成28〜30年度 先端生産システム開発  
ナス
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
残さ処理を核とした
ナス、キュウリ茎枯れ性病害の防除体系開発
平成30〜32年度 病理  
高軒高ハウスでの促成栽培に適した
ナスおよびピーマン有望系統の育成
平成26〜30年度 園芸育種  
高知ナス品種育成のための育種素材の開発 平成27年度〜 園芸育種 (研)野菜花き研究部門
ナス遺伝資源における黒枯病抵抗性検定 平成30〜31年度 園芸育種  
養液栽培における促成ナスの
光環境改善による増収技術の確立
平成28〜30年度 先端生産システム開発  
ナスの機能性成分を確保する
生産効率の高い栽培技術の確立
平成30年度〜32年度 先端生産システム開発 信州大学
北海道情報大学
(研)農業・食品産業技術
総合研究機構
(株)サラダコスモ
(株)ADEKA
品質管理
ショウガ
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
土壌伝染性病害に対応した
露地ショウガ生産体系の開発
平成28〜32年度 病理 (研)野菜花き研究部門
(研)理化学研究所
ショウガ遺伝資源の収集と特性調査 平成30〜31年度 園芸育種  
ニラ
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
露地ニラ、露地ネギのネギアザミウマに対する
有望土着天敵の探索と利用技術の開発
平成30〜31年度 昆虫  
施設ニラのネダニ類に対する防除技術の確立 平成28〜30年度 昆虫  
農薬管理
炭酸ガス施用ハウスにおけるニラの
葉先枯れ症状の原因解明および対策技術の検討
平成28〜30年度 野菜生産技術 (協力機関:高知大学)
土壌肥料
青ネギ・カット用葉ネギ
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
カット用葉ネギの大規模経営に向けた
省力化栽培体系の確立
平成30〜32年度 野菜生産技術  
水稲
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
水稲系統適応性検定試験 昭和28年度〜 水田作物 福井県農業試験場
宮崎県総合農業試験場
鹿児島県農業開発総合センター
水稲の気象感応試験 昭和47年度〜 水田作物  
除草剤および生育調節剤の効果検定試験 昭和48年度〜 水田作物 (公財)日本植物調整剤研究会
気候変動および需要に対応した
水稲中間母本の育成
平成27年度〜 水田作物 (研)作物研究所
競争力の高い県産酒開発のための
清酒原料米品種の育成・改良と
酒造適性安定化技術の確立
平成28〜31年度 水田作物 高知県酒造組合
全農こうち
工業技術センター
水稲極早生系統「高育76号」の
早期収穫・多収生産技術の確立
平成30〜31年度 水田作物  
花き
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
周年栽培花き類における害虫類の発生実態の
解明と生物的防除法および物理的防除法の検討
平成29〜31年度 昆虫  
花き
輸出用ダリア、グロリオサの品質保持、病害虫防除技術の開発 平成30〜31年度 品質管理  
花き
昆虫
主要な施設花き品目における新品種の
特性把握および有望な露地花き品目の探索
平成28年度〜 花き 一般社団法人日本種苗協会
ダリアの露芯花発生原因の究明及び軽減技術の開発 平成30〜32年度 花き  
トルコギキョウの冷房育苗の低コスト化
および二度切り栽培の早進化技術の確立
平成30〜32年度 花き  
野菜全般
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
ナス・ピーマン主要病害の発病に及ぼす
施設内湿度条件の解明
平成29年度〜31年度 病理 (株)四国総合研究所
ニラおよびトマトの栽培法の違いによる
機能性成分の評価
平成29〜30年度 品質管理  
シミュレーションソフトの活用による
環境制御技術導入条件の経営的評価
平成29〜30年度 野菜生産技術  
野菜・水稲・花き
研究課題名 研究期間 担当 共同研究機関
突発性病害虫、生育障害等の原因究明と対策 平成11年度〜 共通  
光照射および抵抗性誘導剤処理による
県主要産物の病害防除技術の開発
平成29年度〜31年度 病理  
シキミ生育障害に対する原因究明と防除対策 平成30年度〜32年度 病理  
昆虫
病害虫に対する新農薬の効果検定試験 昭和60年度〜 病理  
昆虫
発生予察
主要品目等の養分吸収特性調査 平成25年度〜 土壌肥料  
土壌処理薬剤および土壌残留農薬の残留リスク 平成29〜31年度 農薬管理  
先進的なニーズを捉えた野菜、花きの
中間母本の育成
平成23年度〜 園芸育種 (研)農業・食品産業技術
総合研究機構
牧野植物園
花き



高知家