ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> きゅうり カリウム欠乏症

きゅうり カリウム欠乏症

こうち農業ネット : 2012/10/16

高知県 病害虫・生理障害台帳



image



image


作物名

きゅうり



一般名称

カリウム欠乏症



学術名称




症状

 下位葉の葉縁が黄白化したり、葉脈間に多数の白色斑点を生じる。生育の初期からでることは少なく、中期以降に発生しやすい。



発生条件

 カリウムは窒素の次に流亡しやすい要素で、砂質土壌や腐植含量の少ない土壌では、降雨やかん水によって溶脱することが多い。また、カリウムの吸収は、土壌中の加里含量は充分であっても、アンモニア態窒素や苦土(マグネシウム)などが多くてバランスを崩している場合にも阻害される。



対策

 加里肥料を土壌施用するとともに、市販のカリウムを含む葉面散布剤を水で希釈して葉面散布を行う。カリウム単独の葉面散布を行う場合には、りん酸1カリウムや硫酸カリウムの0.3〜0.5%液を散布する。
 塩基バランスが悪くてカリウムの吸収が阻害されている場合には、湛水除塩などによって過剰な塩基類を除去した後、土壌診断結果に基づいて施肥を行う。