ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> ねぎ 小菌核腐敗病

ねぎ 小菌核腐敗病

こうち農業ネット : 2012/10/17

高知県 病害虫・生理障害台帳


作物名

ねぎ



一般名称

小菌核腐敗病



学術名称

Botrytis squamosa
 Walker



症状

 葉鞘部に淡褐色の斑点が生じ、後に地際部が腐敗する。発病株の葉鞘部には、しばしば赤紫色の色素が沈着しており、腐敗が進むと朱色を帯びてくる。このような株は生育不良となり、場合によっては枯死に到る。葉鞘の表面には2〜3mm程度の黒色で扁平な菌核が形成される。



発生条件

 ほ場に残された菌核が伝染源となる。適当な水分を得た菌核上には多数の分生子が形成され、この胞子が飛散して健全株に感染する。また、菌核から伸長した菌糸が直接健全株に侵入することもある。



対策

 病株の残さには伝染源となる菌核が多数付着しているので、ほ場から残さを取り除き、適切に処分する。