ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> しょうが カブラヤガ

しょうが カブラヤガ

こうち農業ネット : 2012/10/18

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

老齢幼虫;昼間は株元に潜む

作物名

しょうが



一般名称

カブラヤガ



学術名称

Agrotis segetum
 Denis et Schiffermuller



症状

 定植後まもない野菜類の株元をかじり、切り倒してしまうネキリムシの代表種である。しょうがの場合は、萌芽初期に茎の地際を食害される。特に、一次茎が食害を受けると、収量に大きく影響する。



発生条件

 雑食性で、しょうがの他、キャベツ、レタス、はくさい、トマトなど多くの野菜類の株元を食害し、切り倒してしまう。
 卵は野菜や雑草の枯れた茎葉に、1粒ずつ産み付けられる。若齢幼虫は地際の茎葉に寄生し、中齢幼虫期以降は日中は土中に潜み、夜間に地際部を食害するようになる。春から秋にかけては、畑の各種作物やナズナ、ヨモギ、アレチノギクなどの雑草の株元の土中に潜み、それを食害しながら生活している。成長した幼虫は1匹ずつ散らばって分布しており、1匹の幼虫が次々と加害するので、棲息密度がそれほど高くなくても被害は大きい。
 普通、年3世代を経過するが、四国など暖地の一部では4世代を経過するものもある。



対策

(1)被害株の株元の土壌中には加害幼虫が潜んでいるので、そこを掘り起こして幼虫を捕殺する。
(2)畦をできるだけ高畦にして移動を防ぐ。
(3)定植前の土壌消毒も有効である。