ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> トマト 灰色かび病

トマト 灰色かび病

こうち農業ネット : 2012/10/18

高知県 病害虫・生理障害台帳



image

茎の枯死による株の萎凋



image

葉の病徴



image

茎の病徴



image

果実の病徴;ゴーストスポット
作物名

トマト



一般名称

灰色かび病



学術名称

Botrytis cinerea
 Persoon:Fries



症状

 主として果実での発生が多いが、茎や葉にも発生する。果実では開花後の花弁を足がかりとして発生するため、花弁の残りやすい萼付近から腐敗が始まることが多い。最初は褐色水浸状の小斑点を生じ、やがて灰白色〜褐色水浸状に腐敗部分が拡大する。腐敗が進むと表面に灰色のかびを生じる。
 葉では先端の葉縁に褐色病斑を生じることが多く、多湿状態では表面にかびを生ずる。茎では暗褐色水浸状の円形病斑を生じ、病勢が進展するとそれより上部は枯死する。
 また、果実にゴ−ストスポットとよばれる直径1〜2mmの中心点のある白色円形小斑点を生ずることがある。



発生条件

 第一次伝染源は残存した罹病茎葉の菌糸や分生子、菌核であると考えられている。いったん発病が始まると、病斑上に形成された多数の分生子によって次々と伝染する。発病適温は20℃で比較的低温であるが、温度よりも湿度の影響が大きく、ハウス栽培では降雨の多くなる3〜4月の発生が多い。



対策

(1)十分に換気を行うとともに、地中かん水、マルチの使用、敷きわら、通路へのモミ殻の施用等によってハウス内が多湿とならないようにする。特に、過かん水は多湿となりやすいので注意する。
(2)花弁を足がかりとして発病するので花弁の除去に努める。
(3)通風を良くするため、極端な密植は避け、過繁茂とならないように適切な整枝、摘葉に努める。
(4)罹病茎葉、果実の早期発見に努め、分生子形成前に除去処分する。
(5)ベンズイミダゾ−ル系薬剤、ジカルボキシイミド系薬剤およびジエトフェンカルブの混合剤には耐性菌が発生するので、同一系統の薬剤の連用は避ける。