ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 高知県立農業大学校がGLOBAL G.A.P.の認証を取得しました

高知県立農業大学校がGLOBAL G.A.P.の認証を取得しました

農業大学校 : 2019/01/09

 農業大学校では、一昨年8月から生産工程管理の国際的な認証制度であるGLOBAL G.A.P.認証取得に向けて取り組んできました。
 このたび、園芸学科がトマトで審査を受け、平成30年11月19日付けで認証を取得しました。
 県立農業大学校におけるGLOBAL G.A.P.は、新潟県(水稲、いちご)、埼玉県(さつまいも)、栃木県(露地なし)についで4番目、トマトで初めてとなります。
 本校は、これからも農業生産工程の管理を適切に進めるとともに、GLOBAL G.A.P.認証取得の取組を通して、グローバルな視点持ち、世界標準の安全対策を実践できる農業の担い手を育成します。

1 審査日  平成30年11月1日(木)、2日(金)

2 認証日  平成30年11月19日(月)

3 認証作物 トマト

   ※ GLOBAL G.A.P.(グローバルギャップ)
    農業生産活動を行う上で必要な点検項目に沿って、各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を
    継続的に行い、農産物の安全性を確保する活動の国際的な認証。
    G.A.P.とは、「良い(Good)農業の(Agricultural)やり方(Practice)」の略語で、食品
    安全、労働環境、環境保全に配慮した農業生産工程管理のこと。



写真1

                GLOBAL G.A.P.推進チームメンバー


Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。




高知家