ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 栗の目ならし会!

栗の目ならし会!

須崎農業振興センター 高南農業改良普及所 : 2018/09/05

しっかり選別して高単価販売につなげよう!


栗
  • 剪定士による栗の選果方法に聞き入る生産者

8月下旬、四万十栗の目慣らし会がJA高知はた栗部会の生産者約30名参加のもと十和・大正地区で開かれ、一般の栗と特選栗(地区独自基準をクリア)の選別について、JA販売担当者と栗剪定士が説明しました。
また、普及所等と協力して栗の産地再生に取り組む栗剪定士からは、「加工の歩留まり率は栗の品質によって10%以上の差が出る。Lサイズ以上の高品質な栗生産で産地の信用度を上げ、売りに繋げよう」との助言がありました。
栗の収穫は8月下旬の品種「丹沢」から始まり、10月下旬頃まで続きます。
今年は台風の影響も多く、生産量の減少が心配です(>_<;)

普及所担当 山西・和田




高知家