ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

>> ホーム >> 四万十町でのGAP研修会

四万十町でのGAP研修会

須崎農業振興センター 高南農業改良普及所 : 2018/07/30

四万十町でのGAP研修


GAP研修会の様子です

GAP研修会の様子です!


7月26日、四万十町役場の多目的ホールでGAPに取り組もうとする生産者や環境直接支払い交付金対象者に対し、GAP研修会を開催し、18名が参加しました。
 
講師は、JGAP指導員資格を持つ高南普及所職員(^_^)v
 
GAPとは「Good Agricultural Practice」の頭文字からなる言葉で、「適正な農業のやり方で生産しよう!」という意味です。
生産者、農産物、消費者、そこで働く人たち、環境に対して適切に安全で安心できる農業を目指します。
この研修会を受け、1人でも多くの生産者がGAPに取り組んでもらえたらと思います。





高知家